12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-02-03 (Thu)
つい先日、私の携帯にすごく気持ち悪いメールが届いたって騒いでいたよな?


・・・え?初耳・・・だって・・・?
あれ・・・ここに書いてなかったっけ・・・書いてない?
・・・まぁそんなことがあったんだ、とにかくあったんだよ。←
追記に詳細、長文注意。さらに一部閲覧注意な。



私はばりばりの2次元信者ですから出会いだとかいうふざけた幻想には疎いのです。
ですが、一応は大学に通っている身。
大学ではゼミというホームルームに近い授業(?)があるんですね。
私もとある先生のゼミに所属しているんです。友達居るからぼっちじゃないよ。
そこに1人だけ男がいるのですが・・・こいつがかなり厄介な奴でして←
とりあえず、簡単に言うと・・・うざくてきもいって感じです。←←
何せ、奴の良い噂を1つも聞いたこともないくらいですから;
逆に悪い噂は溢れんばかりに聞くというwwミツ○チレベルのレビューの酷さですなwww

とりあえず、スペックを
顔:ヲタクの集団に居ても違和感無い残念ニヤニヤフェイス搭載眼鏡男←
大きさ:まぁ大きい?太ってはいない。
一人称:僕
二人称:君
性格:常に上から目線。オチのない自慢話ばかりしてくる印象強し。理屈っぽい。

いくら私がそういう環境に疎いからといって・・・これは地雷臭が漂いまくりんぐだろ・・・;
そんな地雷臭のする奴と私はあろうことか、ゼミで同じグループになってしまったという
私「早速ついてないぜちくしょー・゚・(つД´)・゚・」
友人「うはwとりあえず乙www」
別に・・・ただのゼミ生ですからビジネス上の付き合いレベルでいいよな・・・
と、開き直った私はそいつに対して愛想笑いをしながら適当に会話に応答するという態度を取りました。
私はここで同年代に対して初めてビジネス上の付き合い的な態度をしたのかもしれない・・・;
んで、最近になって情報を集めるために携帯のメアドを交換した方がいいかもね
・・・って、ゼミの先生に言われたので私は仕方なく交換。
因みに私のグループにはもう1人ゼミ生がいるのですが、
どう見てもギャルです本当に(ry な子なのであまり私は喋らないんですよね;

んで、しばらくするとゼミの調べ物に関するメールがちょくちょく届くようになりまして・・
まぁビジネスだから良いよね・・・ちょいと文面がむかつくが。
そんな感じで上から目線メールは2、3通ほど届いたわけです。
ですが、ゼミ関連の話題なのでそこまで気にしてませんでした。

そんでとあるバイトの日にちょっとしたことが起きました。
大学でのバイトが終わった後に私はゼミの調べ物をするために図書館へ行こうと思っていたんですね。
すると・・・現れた。奴が。呼んでもいないのに来やがったよ、しかもバイト終了10分前近くぐらいに;
んで、私はこういう対応にまだ慣れていなかったからついうっかり↑のことを言ってしまって・・
奴「あぁー、じゃあ少したったら(図書館に)行くよ^^」

工エエェェ(´д`)ェェエエ工


図書館には17時30分くらいまでいました。(バイト終了時刻は16時ちょうど。)

んで、帰りなのだが奴はいつも歩いて駅に向かって帰るらしいです。
バスで帰らないのはバスの中が五月蝿くて嫌だからだとか。別にどうでもいいw
なら歩いて帰るのかー、あーよかったーと安心したのもつかの間

たまにはバスで帰ろうかなー^^←独り言のように呟く。


( ゚д゚)


( ゚д゚)ポカーン


案の定、奴は乗ってきました。
それだけで済めばよかったんですけどね・・・

じゃあ・・・隣良いかな?^^






・・・へ?

答える間もなく、奴は隣に座ってきた。









いやああああああああッ!!
私は心の中で、絶叫した。
その後バスに乗っている約10分の間、私は奴の質問攻めにあった。
そのときに言ってたことの一部は、
奴「僕って結構自信はあるほうなんだよね^^」
私「へー(ふむ、ナルシー説はトゥルーと判断。いや、ただの事実確認か。)」

奴「僕ってこう見えて意外と星占いとか信じているんだよね^^」
私「へーそりゃ意外だね(だからなんだよwww)」

実にどうでもいい話ばかりでほとんどの会話内容を忘れました。←
このことを私は友達に『Next to事件』と命名して話をしました。←←


それから一週間後、またもや調べ物のため図書館へ。
しかもこの約束は↑の時の約束だったのでほぼ決定事項という・・;
その日も同じよーに調べ物をして同じくらいの時刻に切り上げたんですね。
そして、再び帰りの際・・・
奴からどう解釈して良いのか分からない質問が飛んできた。


男性関係とか興味あるの?^^



・・・は?
え・・・えっと・・・・・どういう意味ですかその質問;
んーと・・一般的に言われている・・・異性関係のことですか・・・?

それとも・・・





アッー!的な関係のことですk(ry


どちらの意味にもとらえられるであろうその質問に、←
私は変な答えを返すとかえってややこしくなると思い、
んーないね。ときっぱり否定しておきました。
そしてそれから私は完全オフモードになり奴とはちょいと距離を取って行きました。
こちらから話しかける事もなく・・・ってか話す気にも(ry

その後の私は、同じ過ちを繰り返すわけにはいくものか。
と、前回のNext to事件のことを考えて策を考えてました。
そして、バスまでの道を行くまでの数秒で私がたどり着いた答え・・・それは

奴より後ろを歩く。

一見、阿呆臭い策だがこれは非常に有用な策なのだ。(キリッ
何せ、奴が前に居ればやむを得なく先にバスに乗ることになるのです。
そんで私は後から、もちろん席は充分に空いている状況です。

もうお分かりですよな。私の次の行動が・・・


奴、先に座席に座る。

私、別の座席に座る。



ふははは、今回は私の勝ちのようだな!!
私は心の中で、喜んだ。



そしてその後も私はオフモードを続行。
奴と同じバス停で降りるだぁ?同じ駅で電車を待つだぁ?
知ったこっちゃないね!!←
オールガン無視で足早に去りましたとさ。
奴との電車の方向が反対だったことが不幸中の幸いだと何度も思いましたな;


そんで、絡まれることなく無事に電車に乗れた私は親に迎えに来てメールを送りました。
しばらくした後に携帯を確認、するとタイムリーでメールが届いてきた。
お、親からの了解メールかな、と思いメールをあけた・・・


そのとき・・・私の目に映ったのは・・・

      親からの了解メールではなかった・・・。




その時に届いたメールを携帯からそのままコピペしてきましたよ。←

ですが・・・かなーり目に毒と判断したため、ドラッグしないと見れないようにしました。←
メールの原文はかなり不味いので閲覧は自己責任でお願いします。
気分悪くなった!って言っても私は責任を取りませんので悪しからず。


↓ここから(以下反転)


表面上は明るく振る舞ってるけどさ、一時期友達だと思ってたのに全く友達扱いされないって悲しくない?


まあ君に言っても仕方ないのだけれど… じゃあまた明日。



↑ここまで








・・・あのー、一言・・・良いですか?



















気持ち悪ッ!!
なんなのこれ!?一体どういうことなの!!?
※因みに私と奴はそれほど親しくはありません。同じゼミ生ということだけでそれ以上もそれ以下も(ry
普通は・・・さ、こういうメールって・・・親しい間柄の人と・・・やるよな?
なんなの・・・意味分かんないよ・・・!
しかも後半で自己解決しているし、上から目線過ぎるし・・・ほんと何なのさ!?

私はその当時、
電車の中だったのにもかかわらず絶句した表情を浮かべていたことを覚えています;

その後、こんなメール届いても対処できねーようわあぁんという感じで、
一般寄りの友達にメールを送りました。
その子もきめえええぇwっていうようなことを言っていた;

んで、その夜気持ち悪い上なんかこえぇと思った私はとある方に助けてメールを送信。
その方曰く、適当にあしらっておけという素敵なお言葉を頂き安心する私でした・・・;
そしてその自己解決キモメールには一切返事を出さずに、

現在に至る・・・というわけです。←
1月26日の出来事でした。


・・・あのー、これってどうしたらよかったのでしょうかね・・・;
それと、男の方に聞きたい・・・こういうのって、正直どうよ?←
それほど親しくないのにこんなメール・・送りますかね・・;
本当に・・・意味の分かんない奴である・・・

私はただでさえ異性慣れしていないというのに・・・もう嫌だぁ/(^o^)\
でも・・・そう思っていると私の精神が耐えかねなくなるのは分かりきっているので、
ここは1つ発想の転換とやらをしようじゃないか。

奴からのキモメールが届くというこの揺るがない事実。
これは視点を変えればすごい晒し材料になるということになるのではないのか。←←

・・・ふ、面白いじゃないか・・・。
そう考えれば隠れドSと言われたことのある私の精神はかなり安定するだろうな(キリッ

という訳で、私はそう考えることに決めたのですた。←



でも流石にここに晒すのはやばいと思うので今回限りになると思いますが;

因みに私はこのキモメールの次の日くらいから風邪を引き、
その次の日の金曜日の夕方に38℃以上の高熱を出しました。←
しかも土曜日にも普通に授業があるという罠。
でも、
私の体資質4の底力が働いたのか、高い薬が効いたのか
その日の晩のうちに平熱近くまでに下げたというエピソードがあったり。
次の日の土曜日にはすっかり平熱になり、普通に大学に行きましたとさ。←
でも体資質4だから本調子までには回復しなかったでござる。
体資質5だったら本調子までに回復するだろうに・・・そこまでには至らなかったか・・・。←


こんな長文書いちゃって・・・自分気持ち悪いね、全く。←←



↑↓世の中にはいろんな人が居るんだね。(棒読み)←
スポンサーサイト
| 日常 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。